忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

靑春、愛情に属するか


「重歩い回青春」なんてすばらしい人生を想定し、役者としてのメリットの一つは現実の欠陥を補う機会があって、これは普通の人を実現しにくいのが、普通の人は透過スクリーンに幻想を通して、実は多くの事は必要と幻想を得ることができることをその味がembroidery logo、もし一人で一日中活空想の中で、それでは彼のこの人生の落ちない演目がされているに違いない、それに誰を持ってしまうそんな大きな予算へ投資に来てこんな宏大な演目でしょうか?

「幻想して、もしあなたの靑春が重くて帰って、あなたはどんな気持ちですか?」あなたはもしかすると興奮がドラマのような主人公のように「自分のために生きて」。しかし私はこの命題に直面して、私はちょっと憂うつ、私はある人がレンズ内に夢に見て、他の人は現実の中で行って夢の夢、この中はすべてかすかによると憂いと悲しみと無力。それ以外には、私達のこれらの於の靑春の末期の靑年にとって、この命題もきっかけに整理して自分の靑春の日々。あれらの靑春の歳月を越えた(後の中に見て、私達は思い出にLOMOの背中をそそるかもしれない彼らは幸い情緒の要素にしましょう、彼らが本当にありがたいそれはよい事で、最も望み彼らは「無感」のような場合は、この数年の間に行って、彼らのから埋め「した)」の伏線

靑春は私は、愛のない装飾以外と思う1段の無の悔の歳月。私は自分の考えに沿って、そして世界に新鮮で命に最も原始的な衝動を受けていない生活に行って、私の多すぎる経験論の洗脳は、多くの資源私を体得人情味に恵まれているので、機会がない多すぎる世間の洗礼を経験して、甚だしきに至っては少し記憶は殘る他人について生活や社会に文句を言う。私の靑春は放し飼いされ、少なくとも私の視線が届く場所が見えないフェンス、しかし私は知っている、視線の以外私の愛した人はずっと、さもなくば純粋放し飼いの子羊されても悪人の確率が高い。しかし唯一私を殘念だ、こんな少し考えたいのは、「重歩き」に属する靑?春の愛で、私にとって、愛情て実は難しい問題はcloud、私はあまり理想化、おそらく「愛は嘘の国から、もともとは嘘の人はなかなか取れないのビザ」。

私はずっと愛に接近して、私の考えでは、好きなものはに対して顔の原始の衝動で、愛情は互いに相手の非容認原則的な欠点は、原始から衝動にからの移行甘んじて容認のドアが見つからない鍵と鍵穴に立って、ただ外を彷徨う。身の回りの云起雲を見て下ろして、時々に対して愛情に満ちた反発と疑って、時には会に対して愛情に満ちた憧れと幻想が、私ははっきりしないと自覚能力分析を解決方法、そこで私は选んでそれを置き去りにして「待つ」では、先輩たちの経験を提供するなんだか、私の経験は真理を実行しようと、そして。

でも、だんだんの私は発見して、いったいどんな時までですか?教えてくれたのは誰が必ず「などを通じて」を愛情の?「待っている」という暗黙の台詞は愛情はもう仕組まれた、その先にあるところに待ってる近づいて。もしかして、これは本当ですか?世の中のすべての人はすべては天のこのご愛顧を受けますか?今はそうじゃない以上、すべての人が选ばれ、じゃあ私何も入選で「愛情を待つ」の名簿に行く?別の観点から、たくさんのことを含む以上愛情は手配するのを通じて、それは誰が決め愛情の手配され人生遅い段階が出てきたのか?これらの質問に対して、私は考えることができるの説明は、一人に対して愛情を追求されて時間の欲望を磨普段、彼は無意識に愛情と婚姻を混同して直接、甚だしきに至っては愛情で原始衝動に婚姻を待って、それでは彼のいわゆる「厚积薄发」は、1種の適切な戦略。次の彼のこの株の先駆者の意気込みを見下ろす、原始衝動が発生の加速度になって反対方向の時、人に追い込まれて止めて、その時の加速度は人が覚めるかもしれないが、そのときはせいぜい殘りすすり泣く嘆きやが冷たくあしらうの恨み、そんな状況に直面する、解決したいの人の方法を取るにほかならない二つの一つは、「忍+1」、「暴れ+惑」は、たとえどんなに直面して、人にとっては予知の苦しみCCIBA

愛情だけに提げてこの件については私に感じさせて経験論の「威力」なら、一人で自身の表皮以外の多くの物質はずっと前行巻き込まて、それでは幸運に高僧の指導を得循縁で悟りのときなんて悲しいね――が直面する別の悪夢で、時間を身に殘る悪夢のような痂傷跡の方法にほかならない殘忍にそれを開いて、さもなくば仕方が生まれ変わる。命の属性による多くの時に人は多種の選択も選択がありませんが、いわゆるの選択は異邦人の想像するだけで、その人は永遠に知ることはできがそのうちにいるのに運命時の言葉はない恐怖を感じ。

もちろん、生活は殘念ながら存在、靑春の歳月の殘念な思いは、不完全な美しさ、それはあなたの機会に補修と「重歩いて」、いわゆる「重歩き」のある一点を出して現実味の信号は「若い人に大切にして自分の靑春や親が子供にチャンスをシンプルな個性の靑春」、つまり、貴方はまだ若いそれでは勇敢に行って自分に属する専属靑春、あなたがだんだん遠く離れた靑春それではあなたは少なくとも自分を収獲したどれらの「不完全な美」そして期待できない自分が他人の靑春中過ぎの足跡を殘して、もしあなたは親にしている若い子それでは勇敢に若い命が最も個性の花。

私は毎回回想して自分の靑春の時、私はすべて感じ笑で涙があって、もちろんこの涙の成分が復雑で、うれしいと混ぜてなくして、しかしいつも私ににとって、感謝して私の靑春が、この段に属する私自分の靑春があるから今の自分が、まさにこの靑春させる私の愛はなどの努力するのではなく(特に男女比の不均衡の今日)、私は同時に信じてすべて一心に追随愛情の人は悪い人ではない、以上はいいじゃあ“女子”はきっと見追求者の良い、古人は曰本のか、「互いを評価することを洗い」とは、いい人自然が、良い結果がある。古人又曰だったが、「ある時失敗した」として、あの一面の輝かしい夕日の中に存在しているかもしれない「その扉を開く」の神啓よ、カギを見つけないかもしれないと鍵穴がドアは声控の?は「愛を大声で言うか?これ、誰が知っている?
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R